結婚式の二次会幹事は専門業者に頼もう【参加全員で楽しめる】

安くて質の高さを重視する

手

ツテも探してみよう

結婚式でよく披露されるものというと、生い立ちムービーが挙げられます。新郎新婦の生い立ちを映像にして流すことで、出席者たちにもその人柄などを披露することができるというわけです。もちろん、生い立ちムービーは結婚式で流した後、新郎新婦にプレゼントされることになっています。映像はずっと残るので、結婚式に制作しておくのはちょうどいい機会となり、良い記念にもなります。ただし、素人ではなかなか上手に作れません。通常、専門業者に依頼することになります。まず、生い立ちムービーを制作してくれる業者を探しましょう。もちろん、業者によって費用は異なるため、見積もりを出してもらい比較することが大切です。最近はこの手の業者が増えてきており、競争が激しくなっています。中には30分ムービーで5000円というように、リーズナブルな制作費を提案してくれるところもあります。安くて質の高いものを制作してくれる業者を探しましょう。また、知人などで映像制作を趣味でしている人が居れば、ツテを活用してみるのもいいかもしれません。知人ならもっと費用面での融通が利きやすいからです。出演者や小道具の用意などによっても費用は異なるため、生い立ちムービーの制作費は高いとかなり高くなってしまいます。予算を決めておきましょう。一般的にはあまり長いものだと飽きてしまうので、10分程度で制作することが多くなっています。内容を凝ったものにするとしても、10万円はかからないはずです。